医師のワークスタイルも事情があり多種多様です

2016年8月24日

最近の医師不足に関して

医師は病院等で勤めています。加えて、病院ではなく研究職に就いているケースもいらっしゃいます。しかしながら、都市中心部では医師の総数が間にあっていても地方に行くほど欠落しているというのが現実の姿です。何にも増して産科であるとか婦人科、さらに小児科は国内の医師の総数の割合から判断してもわずかで過疎地域にないことも度々です。このことは医師が自らの希望している分野を選ぶことができることにありますが、こういったことに制限が入ることは見込みとしては低いでしょう。その結果、別のエリアに派遣されることもあり得ます。

異なる地域に出向いた方が報酬が多くもらえます

勤務地ではないエリアで診療した場合、医師は給料とは分けて手当てという形式等で報酬に反映されます。往復にかかる交通費は勿論のこと、とりわけその地方のエリアで救急医療の当直を実行した場合、たった一回で大きい金額のギャランティが払われるケースも少ないとは言えません。これについては、専門性の高レベルな救急医療というフィールドを医師が足りないエリアでとり行った給与だからといえます。あらためていうまでもなく患者がこの大きい金額の報酬に対してダイレクトに負担することを意味しているのではありません。

雇用スタイルにも様々あります

実際のところは常時病院にダイレクトに雇い入れられているとは断定できません。有期雇用であったり一定の曜日のみ診察を行う非常勤という名の勤務スタイルで契約の締結をを行っている医師も数多くいます。これについてはいくつもの病院を兼職していたり、産休明けで子育てを行う理由があるためです。それに加えて、医師の人材派遣を展開している会社組織も有り、それから派遣という形で来る医師も僅かながらいらっしゃいます。医療業務はやはり厳しい労働で、勤務する時間が長くなり気味といえます。雇用スタイルを変化させることで、ワークライフを希望しているような状態にしています。

医師のバイトの収入額は、仕事内容や経験年数などに左右されることがありますが、他の職種と比較して、自由な働き方を選べることが魅力です。